• 今日32/26
  • 明日30/25
文字サイズ

【特集】世界に誇る磐田の織物産業(2)

6/39

静岡県磐田市

■磐田でコーデュロイ、遠州織物をつくる
◇カネタカ石田株式会社 石田大輔さん
コーデュロイの製造過程における「カッチング」と呼ばれる作業を行っています。カッチングとは、ガイドニードル(針)と専用カッターを使い織物の緯(よこ)パイルのみをカットする作業です。この作業を行うことでコーデュロイの表面に畝が出来上がります。
1972年に父がカッチング工場を始め、2008年に後を継ぎました。緯糸の間隔や生地の厚さによって手作業による細かな調整が必要なため、最初は苦労しましたが、畝が綺麗に揃ったA反(傷つけずカットできたもの)ができた時は、非常にやりがいを感じます。
後継者不足が問題になっていますが、服飾・デザイン系の専門学生や大学生などが工場見学に来てくれます。若い方が実際に自分の目で見て、少しでもコーデュロイに興味を持ってもらえると嬉しいです。
事前にご連絡をいただければ誰でもカッチング作業を見学できますので、興味のある方はぜひお越しください。

◎カネタカ石田株式会社
豊浜3778-3
【電話】0538-55-5013
8時〜17時
休:土・日曜

◇有限会社遠州ネット 佐野真一朗さん
通常の織り方に「ねじり」を加えて織る「からみ織り」と呼ばれる手法を使って遠州織物の生地を製造しています。これにより経(たて)糸と緯糸の間に隙間が生まれ、独特の立体感や透け感が出ます。通気性が良く、糸の目ずれが少ないためさらりとした肌触りが、夏の衣類にピッタリです。
祖父が織物を、父がからみ織りを始めたので私で3代目になります。通常の織り方と異なるからみ織りを行っている生産者は全国でも少ないため、自分が作った生地が洋服などの製品となって店頭に並んでいるのを見ると非常にやりがいを感じます。
遠州織物は製造工程を分業化しているため、どこかの工程の方が辞めてしまうと製造が難しくなります。これを解消するため作業工程の集約化に取り組んでいます。
また織物に関するイベントに参加し、遠州織物やからみ織りの魅力のPRにも取り組んでいます。多くの人が遠州織物に興味を持ってもらえると嬉しいです。

◎有限会社遠州ネット
(福田中島1383)
【電話】0538-55-2024
8時30分〜17時30分
休:土・日曜

■磐田のコーデュロイ、遠州織物をつかう
◇01 ジャケット(綿・麻)
生地が厚いため丈夫でシワになりにくく、耐久性に優れています。

◇02 ストール(綿)
生地が軽く通気性に優れており、夏の時期にオススメです。

◇03 パンツ(コーデュロイ)
保温性に優れており、寒くなる秋・冬の時期にピッタリです。

◇04 トートバッグ(コーデュロイ)
コーデュロイで作られているため、表面の凹凸感が存在感を放ちます。

◇05 ボディウォッシュタオル(麻)
吸水性に優れており、使い込むほど柔らかい感触になります。

◇06 スカート(麻)
麻でできているため軽く、上品さと高級感を兼ね備えています。

◇07 トートバッグ
◇08 ティッシュケース
綿100%のため丈夫で長持ちします。普段使いに最適です。

◇09 生地
綿100%にかわいいしっぺいをプリントした布です。小物・巾着・エプロン作りに適した厚さです。

その他の製品については、コーデュロイハウスのホームページをご覧ください

※詳細は本紙をご覧ください。

       

磐田市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス -広報いわた-

MENU